cseas nl75 所長挨拶

東南アジア地域研究研究所について

私たちの研究所は2017年1月に旧東南アジア研究所と旧地域研究統合情報センターが統合しまして一つの新しい研究所として再出発しました。

京都大学東南アジア地域研究研究所 図書室

 私たちの研究所が目指す研究は今世界で生じています環境破壊、災害、人口の高齢化、紛争あるいは経済格差による貧困の問題など諸課題を抱えそれに対しての理解を深め解決を提示できるような研究を分野を超え展開しようとしています。そのためには人文・社会系の研究分野を越えて学際的な研究を現地の過去と現在のリアルティに根ざしてすすめようとしています。様々な先人による知識の蓄積があり、これを踏まえて東南アジア地域に限らず世界諸地域の地域社会へのコミットメントを強めてグローバルにインパクトのある研究をすすめようとしています。

 私たちの研究所は人文・社会系の人類学、歴史学、文学政治学、経済学といったような分野に加えまして理系の農学、林学、医学、工学あるいは情報学といったような分野も一緒に研究しています。常勤スタッフが三五名おりますけれどタイ、フィリピン、オーストラリア、イギリス、アメリカなどの多国籍の研究者を擁しております。若手および客員研究員を含めますと70名ほどの大所帯になりますが多彩な多国籍の研究者たちが共通に持っているのは地域に対する思いと地域に直接かかわるフィールドへのかかわりという姿勢です。

 私たちの研究所は国内外の研究者の成果を発信するために英文・和文の学術誌、英文・和文の学術叢書を出版し5カ国語の電子ジャーナルを発行しています。図書館では東南アジア諸語も含めて約25万冊の書籍を有しています。地図、画像、データベースなども多種保有しています。

バンコク連絡事務所(1963年設置)

 タイのバンコクおよびインドネシアのジャカルタに開設され50年になる連絡事務所を持っています。調査のベースにもなりますが現地の研究者およびいろいろな方とのネットワークを広げるため、維持するために有り内外の研究者に利用して頂いております。

 今、研究所ですすめています大きなプロジェクトは日ASEAN協働による超学際生存基盤研究というやや難しい名前の研究プロジェクトです。ここでは先程申しましたようなたくさんの問題、課題に対して研究者だけではなくASEAN諸国の行政やビジネス市民団体の代表といったような多国籍かつ多彩な人材を集めて課題に対してどのように豊かな社会多元的な人間の共生が可能になるような社会を構想していくような研究と実践をすすめています。

 共同利用共同研究の拠点にもなっています。東南アジア研究、地域研究に関わる国内の諸機関あるいは研究者そして国外も含めた研究者に対して私たちの研究の場を共同研究のために開いて様々な研究資源を提供しています。個々の研究者は自身の関心にそって大小のプロジェクトをすすめています。

 東南アジア研究および地域研究にかかわる二つのコンソーシアム立上げと運営にかかわってきました。一つは「JCAS」と言いまして「地域研究コンソーシアム」、2004年に国内の地域研究にかかわる様々な研究者コミュニティー関心を持つ様々な社会団体今では100余りの組織が加盟していますけれども情報共有および交換を目指すコンソーシアムで、事務局として参加しています。

 もう一つは「SEASIA」国際的な東南アジア研究をアジアにおいて盛んにする事を目指したコンソーシアムです。2013年に8カ国1地域の11機関が協力して始めました。情報共有やアジアからの東南アジア研究の発信を強化していこうという主旨ですすめています。当研究所は国内外の地域研究および東南アジア研究の結節点の役割を果たしています。

 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科および医学研究科など大学院教育に協力しています。国内外から多くのポスドク研究員若手の研究者たちを集めてここで一緒に研究をすすめています。1977年から毎年東南アジアセミナーを開催し、2010年以降は東南アジア各国で開催しています。現地の機関の協力を得て国際的に公募した若い大学院生やポスドク研究者を集め、毎年実施しています。

 東南アジアに対する親しみや理解を持ってもらう試みもしています。なかでも2014年に開始しました。ビジュアル・ドキュメンタリー・プロジェクトを是非ご紹介したいと思います。東南アジア各国の若手映像作家の映像作品を毎年公募その中から選ばれた作品を京都で上映、監督の皆さんをおよびし交流するプログラムです。開始以後、国際交流基金アジアセンターのご協力も得まして毎年、盛り上がりをみせており外部に向けた大きなプロジェクトとなっています。

 お話しして参りました様な活動や知識と情報、資源の共有を通じて私たちは持続可能な自然環境や多元的な社会の共生を可能にする様な地球コミュニテイの形成を目指して日々、研究に邁進していきたいと思います。

*本記事は、動画の発言を書き起こしたものです。

 

 

もう少し深く知りたい方への文献紹介